FC2ブログ

06月≪ 2019年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015.10.16 (Fri)

嬉しい旅立ちだけど、せつないお話

こんにちは~

今日の、りんとみくですが

私事になります

実家の父が経験した鳩の話を聞いた時に

感激して、温かい気持ちとせつない気持ちになりました

長くなりますが

宜しければみてください


その前に、りんとみくのシンクロ姉妹です



20151016223029123.jpg

201510162230300d0.jpg

20151016223032eaf.jpg

お手てがお揃いで可愛くて

スヤスヤ寝んねで幸せ~






20151016223056108.jpg

父の手に止まってるのが鳩のポッポちゃんです

この子の話ですが

父が書い文章をそのまま載せさして下さいね



「再会」

10年程の前の9月の中頃でした
朝刊を取りに行った妻が軒下にうずくまっている鳥の雛を見つけたのです
どうしたら良いものかと暫く悩んでましたが
友が野鳥の会に入ってる事を思い出したのです
早速この事を電話で申しますと
友は、会長に話すから暫く待って欲しいと言うのです

5分も経たないうちに会長さんから電話がかかって来ました
「早い方が良いからすぐに寄せて貰います」
やがて会長さんが来られて「この雛はキジ鳩の雛です。なんでここに居たのでしょうね~
早くて良かった!育つと思います」
と言いながら連れて帰られました

それから三ヶ月位経った日に会長さんから電話がかかって来ました
「巣立ちの時が来たのに一向に巣立ってくれません
もしかしたら命の恩人である、あなた達に会いたいのかもしれません。
小鳥は、幼い時の事を良く覚えているというから、きっとそうに違いない。
これから寄せて貰ってもいいでしょうか?」

やがて、車が一台家の前に止まりました
会長さんが腕に大きな鳩を止まらせて降りてきました

「ポッポちゃんです」
会長さんに言われて、ポッポちゃんが妻の手に移ってきました
プップッと嬉しそうな声を出したので会長さんが
「やっぱり、来て良かった!覚えて居るのですよ」
ポッポちゃんが私の手にも止まりました
妻がポッポちゃんの頭を撫でると嬉しそうにク・クって鳴きました

和やかなひと時が終わり会長さんが「来て良かった」
と言いながら帰って行かれました

そして、翌日の夜に会長さんから電話がかかって来ました

「お陰様で、ポッポちゃんが巣立ってくれました。
夕方になっても帰って来ないので妻が泣くのです
毎日、牛乳を飲ませパンを千切ってあげて育てたのに行ってしまった・・
いや、つまらない事を言ってしまい申し訳ありませんでした」

と言う電話でしたが、会長さん自身の声も元気のない声でした



長い文章にお付き合いくださってありがとうございます。
新聞にも載った話です

ポッポちゃんが巣立ってくれたのは嬉しい事ですが
可愛がって育てられた会長さんご夫婦の気持ちを思うとせつなくなりました


訪問をして頂いてありがとうございます
とても嬉しいです
拍手コメントをありがとうございます
大切に読ませて貰ってます



スポンサーサイト
22:27  |  父の話  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://m815m915m114.blog.fc2.com/tb.php/485-1ae36a1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |